悪玉コレステロールを減らして病気のリスクを減らす

楽しそうな人たち

悪玉と呼ばれる所以とは

女性

LDLコレステロールとは

血液中にはコレステロールという物質が溶け込んでいますが、コレステロールは主にHDLコレステロールとLDLコレステロールに分けることができます。そして、前者は善玉コレステロールと呼ばれ、後者は悪玉コレステロールと呼ばれています。それでは、LDLコレステロールが悪玉と呼ばれる所以についてお話ししていきます。LDLコレステロールは、低比重リポタンパクコレステロールのことで、中性脂肪と並んで血管壁に沈着しやすい性質を持っています。そして、LDLコレステロールや中性脂肪が沈着した血管壁は次第に硬化が進み、動脈硬化と呼ばれる病的な状態に陥ってしまうのです。動脈硬化から血流が緩慢になることで血栓ができやすくなったり、血圧の上昇を招き血管が破裂しやすくなると言われています。

悪玉を減らすために

動脈硬化は恐ろしい血管の病気の引き金になることから、LDLコレステロールは悪玉コレステロールと呼ばれるようになったのです。ですから、悪玉コレステロールを減らすためにはどのような対策を取るべきか考える必要があります。そのためには、肉や卵等の悪玉コレステロールが多い食事を控える必要があります。また、悪玉コレステロールを減らしてくれる効果が期待できるサプリメントの利用も1つの方法です。悪玉コレステロールの減少効果が期待できるサプリメントの代表的な成分として、オメガ3脂肪酸があります。オメガ3脂肪酸とは、ドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)、そしてαリノレン酸等の不飽和脂肪酸のことで、今では多くのサプリメントが販売されています。

コレステロールの悪玉化

ウエスト

コレステロールは、肝臓から血液によって全身に届けられます。しかし量が多すぎると、悪玉コレステロールとなるため、肥満や高血圧のリスクが高まります。そのため多くの人が、それを防ぐ健康食品を利用しています。特によく飲まれているのが、胆汁酸を作るタウリンと、酸化を防ぐポリフェノールのサプリメントです。

Read More

キトサンで減少させる

栄養剤

悪玉コレステロールを減らすには、キトサンという成分が役に立ちます。キトサンはエビやカニなどの殻に含まれている成分です。キトサンは胆汁酸の再吸収を妨げることで悪玉コレステロールを減少に導くことができます。

Read More

脂質異常症を改善する

男性の腹部

悪玉コレステロールは肝臓から全身に運ばれるコレステロールで、増えすぎると動脈硬化など生活習慣病の原因になります。減らすには動物性脂肪を控え、DHAやEPAを多く含む青魚などを摂取します。不足分はサプリで補うと効果的です。

Read More