悪玉コレステロールを減らして病気のリスクを減らす

男性

脂質異常症を改善する

男性の腹部

LDLとHDLのバランス

コレステロールは本来、人間の体を作るのに欠かせない栄養分のひとつで、決して悪いものではありません。しかしコレステロールの中にも2種類あって、悪玉コレステロール(LDL)が増えると動脈硬化をはじめ、さまざまな生活習慣病の原因となります。コレステロールは肝臓で合成され、血液に混じって全身に運ばれます。この役割を果たすタンパク質と結合したものが悪玉コレステロールと呼ばれます。逆に、各臓器で余ったコレステロールは、別のタンパク質と結合して回収されます。この状態が善玉コレステロール(HDL)です。脂質異常による生活習慣病は、LDLが増えすぎた時だけでなく、HDLが少なすぎる時にも起きるので注意が必要です。

生活習慣とサプリで

悪玉コレステロールが多すぎる人は、生活習慣を改善する必要があります。肉類や乳製品など、動物性脂肪が多い食事は控えるようにします。また大量の飲酒や喫煙は悪玉コレステロールを増加させます。適度な有酸素運動を心がけ、ストレスを溜めないようにすることも大切です。悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす食品の代表的なものに、イワシやサンマなどの青魚があります。青魚に含まれるDHAやEPAは、中性脂肪を減らし血液をサラサラにすると言われています。1日の推奨摂取量は1000mgですが、それだけの量を青魚だけで毎日食べるのは困難です。サプリメントを適切に用いれば、必要な量を無理なく摂取することができます。