悪玉コレステロールを減らして病気のリスクを減らす

男性

キトサンで減少させる

栄養剤

医薬品にも使われる成分

悪玉コレステロールを減少させるのに効果が高い成分として、最近キトサンが注目されています。キトサンはキチン・キトサンと呼ばれることもあります。キチンという語が示しているように、エビやカニなどの甲殻類の殻に含まれている成分であるキチンを胃散に溶けて人体に吸収できるような形にしたものです。こうすることでキチンはキトサンとなり、悪玉コレステロールを減少するのに効果を発揮できるようになります。キトサンには悪玉コレステロール値を低下させる働きがありますが、便秘などにも効果があり、健康食品だけでなく医薬品にも、さらには化粧品などにも利用されている安全性の高い成分です。キトサンを有効に使って悪玉コレステロールを減少させるという取り組みは、今後とも注目を集めていくと考えられます。

キトサンが効く仕組み

コレステロールは血液の中に善玉コレステロールと悪玉コレステロールという形で存在しています。一方、肝臓では胆汁酸という液体が作られていますが、血液中にあるコレステロールはこの胆汁酸の原料として使われます。胆汁酸は肝臓の中で一部がリサイクルされるために再吸収されるという仕組みになっています。キトサンが悪玉コレステロールを減少させることができるのは、この仕組みによるものです。キトサンがあると胆汁酸は再吸収されず便としてキトサンとともに排出されるので、新たな胆汁酸を作るためにコレステロールが使われていくのです。その結果悪玉コレステロールの値を低下させることができるのですが、キトサンをサプリで摂るときは、摂取の目安を守ることと持病のある人は医師に相談するよう注意することが大切です。