悪玉コレステロールを減らして病気のリスクを減らす

男性

コレステロールの悪玉化

ウエスト

肥満や高血圧のリスク

血液は、栄養分をたっぷりと含んだ状態で、心臓から送り出されます。そして流れながらその栄養分を体中の細胞に届け、やがて心臓に戻ってくるのです。そして肝臓では、この血液にコレステロールが加えられます。コレステロールもまた、細胞にとって必要な栄養分なので、血液によって全身に届けられます。しかし加えられる量が多すぎると、体中に余分なコレステロールがばらまかれることになります。余分なコレステロールは、肥満や高血圧などのリスクを高めるので、これは悪玉コレステロールと呼ばれています。逆に言えば、悪玉コレステロールが少なくなれば、肥満や高血圧になりにくくなるということです。そのため多くの人が、悪玉コレステロールを減らす効果のある健康食品を利用しています。

タウリンとポリフェノール

悪玉コレステロールを減らすために、特によく利用されているのが、タウリンのサプリメントです。タウリンは肝臓での胆汁酸の生成を促す成分なのですが、胆汁酸の生成にはコレステロールが必要となります。つまりタウリンによって胆汁酸が多く作られれば、それだけ肝臓内のコレステロールが減り、体に送り込まれる量が減るということです。また、コレステロールは酸化することで、悪玉化しやすくなります。悪玉化しなかったコレステロールは、血液の循環によって再び肝臓に戻ってくることになります。そのため、酸化を防ぐ効果のあるポリフェノールのサプリメントも、悪玉コレステロールを増やさないようにするために、よく飲まれています。肥満の人の高血圧の人も、現在では急増しています。そのためこれらの健康食品を頼る人もまた、増えていくことが予想されています。